映画『プラダを着た悪魔』あらすじ、作品情報

あらすじ

名門ブラウン大学を卒業し、ジャーナリストを目指すために田舎からニューヨークへとやってきたアンドレア・サックスは、仕事・ファッション雑誌『ランウェイ』の編集部へと就職

編集長でファッション業界に対し絶大な影響力を誇る、ミランダ・プリーストリーのアシスタント職

ミランダは自分の身の回りの世話をアシスタントに押し付ける

横暴を発揮する最悪の上司

今までに何人もがこの仕事を辞めていた

彼女本来の目的である文芸誌での仕事への足がかりとして、彼女の悪魔のような要求に耐えていく。

 

登場人物

ミランダ・プリーストリー/演:メリル・ストリープ

アンドレア・サックス/演:アン・ハサウェイ

エミリー・チャールトン/演:エミリー・ブラント

ナイジェル/演:スタンリー・トゥッチ

ネイト/演:エイドリアン・グレニアー

クリスチャン・トンプソン/演:サイモン・ベイカー

リリー/演:トレイシー・トムズ

ダグ/演:リッチ・ソマー

 

作品情報

タイトル

プラダを着た悪魔

原題

THE DEVIL WEARS PRADA

製作年度

2006年

上映時間

110分

製作国

アメリ

ジャンル

コメディ

ドラマ

ロマンス

監督

デヴィッド・フランケル

製作総指揮

ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr

カーラ・ハッケン

カレン・ローゼンフェルト

原作

ローレン・ワイズバーガー

脚本

アライン・ブロッシュ・マッケンナ

音楽

セオドア・シャピロ