映画『チャーリー・モルデカイ』悪ふざけにもほどがある!

ジョニー・デップが大ふざけする、それが映画『チャーリー・モルデカイ』です。

これほどまでにバカバカしい映画があったでしょうか。

ジョニデが三枚目をすると、こんなにも生き生きとするのかというほど張り切っていました。

 

あらすじです。

うさんくさいちょびヒゲをたくわえたうんちく好きな美術商チャーリー・モルデカイ(ジョニー・デップ)は、イギリスの諜報(ちょうほう)機関MI5に依頼されたゴヤの名画の捜索に乗り出す。屈強な用心棒ジョック(ポール・ベタニー)と共に盗まれた名画の行方を追うが、その絵にはとんでもない財宝の秘密が隠されていることがわかり、マフィアや国際テロリストも絡む大争奪戦となる。

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 - 作品 - Yahoo!映画

 

youtu.be

 

ジョニー・デップ以外の出演者もおふざけが過ぎています。

グウィネス・パルトローユアン・マクレガーユアン・マクレガーなど、すごい贅沢なキャスティングです。

それなのに、皆がみんなふざけてしまって、もったいない!ってなりました。

ストーリーは美術商のモルデカイが、ある絵画を巡る事件に巻き込まれて、世界中を旅しながら謎をとく…って感じです。

サスペンスだからお硬い雰囲気で…なんて思ってみたら大間違いです。

最初から最後まで、笑いが絶えない120分になっています。

僕が一番好きだったのは、モルデカイの従者ジョックが、何故かモテまくるということ。

いたるところに彼女がいて、モテモテなんです。

ジョックはそんなに男前でもないのに、女性の心をくすぐるんでしょうかねえ。

 

関連リンク

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 - 作品 - Yahoo!映画

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 : 作品情報 - 映画.com