アニメ『恋は雨上がりのように』中年男性と高校生のラブストーリー

どこか懐かしい雰囲気のアニメです。

設定も、どこかありきたりなんだけど、嫌いじゃないです。

中年男性が女子校生に好かれちゃって、困っちゃうってお話なんです。

あらすじです。

陸上部のエースだったが怪我で走ることをやめてしまった橘あきら(17歳)と、夢を諦めた過去を持つあきらのバイト先、ファミレス「ガーデン」の店長・近藤正己(45歳)。
海辺の街を舞台に、青春の交差点で立ち止まったままの彼女と、人生の折り返し地点にさしかかった彼が織りなすものがたり。

TVアニメ「恋は雨上がりのように」| 公式サイト

 


TVアニメ「恋は雨上がりのように」 本予告PV

 

主人公、橘あきらは陸上の選手だったけど、怪我で部活を離れてしまいます。

そんな時に出会ったのがファミレスの店長、近藤正巳。

近藤の何気ない優しさに心を奪われて二人の恋は始まります。

近藤は、やっぱり戸惑うんですね。高校生に好きだなんて言われて。

おまけにあきらは綺麗ですから、まあおたついちゃうんですよ。

だから最初は冗談だと思って聞き流しちゃいます。

そんな近藤にしびれを切らしたあきらは二度目の告白をします。

それで、あきらが本気だと分かる。それからが大変です。

近藤には離婚した元奥さんがいて、息子が一人います。

こんなバツイチ子持ちの中年男が…なんていう風に自分を卑下しちゃって、あきらの告白を受け止められないんです。

それでも、あきらは諦めずに距離を縮めようとする。

そのいじましさが、何とも言えず可愛くって、応援したくなります。

そうそう、近藤の声を担当しているのは平田明さんです。

平田さんはジョニー・デップの吹き替えで有名です。

だから近藤を見る度にジョニー・デップが出てきて、何とも言えない気持ちになりました。